eede.tv

味気ない日常をエンターテインメントに!

PC-Mac

マウスコンピューターを使い始めて約5年経過したので、その感想を書いてみる

投稿日:

私が「マウスコンピューター」を使い始めて、かれこれ5年ほど経ちました。

そこで、ここいらで私の個人的な感想を簡単に書いてみたいと思います。

「これからパソコンを買おうかな。」、「マウスコンピューターってどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

マウスコンピューターの良い所

まずはマウスコンピューターの良い所について語ってみたいと思いますが、ポイントを挙げるとするならば、

  1. とにかくコスパが良い
  2. 製品ラインナップが非常に豊富
  3. 故障がない (今の所)
  4. サポート体制が非常に充実 (安心感が大きい)
  5. Web上の情報が充実
  6. 安心の日本企業

こういった所になってくるかと思います。↓クリック↓

マウスコンピューター/G-Tune

まず、コスパについてですが、最近でこそDELLなどのメーカーや東南アジア系のメーカーにおいて非常に安価なノートパソコンなども出てきていますが、マウスコンピューターのどの部分がコスパが良いのかと言えば、それは「その”装備”に対しての”費用対効果”」の部分です。

パソコンというのは、CPUの性能や記憶容量の大きさ、メモリの大きさなど、その機器に搭載されている主要部品=”装備”の性能の高さによって評価するわけですが、早い話が、マウスコンピューターは結構良い装備であるにもかかわらず結構安めに販売してくれている、ということです。

パソコンの選び方について詳しくは、↓コチラ↓。

ノートパソコンって結局どれが良いの?|パソコンの選び方・スペック表の見方

あなたは自分のパソコンを持っていますか? 最近では、若い人を中心に「スマホで全部済んでしまうので、(自分専用の)パソコン ...

続きを見る

何を隠そう、私もどのパソコンを買うべきかと悩んでいた当時は、かなりの時間をかけて国内メーカーからアジア系のメーカー、そして欧米系の大手メーカーに至るまで、それはそれは非常に多くの選択肢を比較してみたわけです。何しろ安い買い物ではありませんからね。

そして、最終的に、自分が欲しいスペック(=装備)を兼ね備えていて、ある程度信用できそうなメーカーで、何より安いパソコンをということで絞り込んだ結果、マウスコンピューターにたどり着いたというわけです。

これは次の良い所ポイントである「製品ラインナップが非常に豊富」という部分にも繋がってくる要素でもあるのですが、本当にたくさんの選択肢の中から、自分に必要なものが何なのかを取捨選択しながら選び出す(場合によってはセミオーダーする)ことが可能になります。

したがって、今現在、「絶賛迷い中!」という方であれば、まずはマウスコンピューターのサイトへ行ってみて、自分の予算内に収まるパソコンを眺めてみましょう。

それでもよく解らなければ、電話サポートに電話してしまえばOKです。

サポートセンター=「お問合せ窓口」の担当者に、「よく解らないんですけど、○○万円ぐらいまでで、こんなことができるパソコンを紹介してください。」と尋ねてみれば、あとは丁寧に説明してくれるでしょう。

「最終的には、やっぱり自分で色々と検討してみて決めたい。」という方であったとしても、よく解らない部分だけを質問するといったことももちろんできますので、とりあえず電話で聞いてみると良いかと思います。(私もWebサイトを何度も何度も見ては電話して質問し、不明な点を潰していました。)

さらに、故障もありません。

私の場合、マウスコンピューターを外部モニターに出力して使用しており、外部モニターに一時的にデスクトップが表示されないという問題が発生したことがあり、最初はマウスコンピューターのパソコンの不具合を疑ったのですが、実際にはモニター側の問題でした。

もちろん、パソコンというのは”精密機器”ですので、絶対に100%故障がないとは言い切れませんが、そうした場合でも「お問合せ窓口」に相談すれば、修理・交換等然るべき対応を取ってくれるようになっています。

少なくとも私が購入してからこの5年間というのは、何も不具合は発生していませんので、通常使用で頻繁に故障してしまうといったことや、ある程度時間が経つとガタが出てき始めるといったことについても心配はいらないかと思います。

さらに、先程どのパソコンにすべきか悩んだ時には電話をすれば良いという話をしましたが、これは「困った時のサポート体制」という意味でも非常に安心です。

パソコン関係のことについてあまりよく解らないという人は、ここを最大のポイントとしてどのメーカーのパソコンを買うかを決めても良いと言っても良いぐらい、購入後のサポートの手厚さは非常に大きな安心感につながるポイントです。

むしろ、この電話サポートがないメーカーというのは、このご時世ではほぼありません。

たまに中国系メーカーなどで、電話口に出た担当者が少し日本が怪しいという時がありますが、大体聞いたことがあるメーカーであれば電話サポートは用意されているのが普通というのが現状です。

もちろんマウスコンピューターでは、何かわからない時には気軽に電話すれば、様々な問題点や疑問点に答えてくれますので、他メーカーと変わらず安心して充実したサポートが受けられます。

なお、この電話サポートの電話の「繋がり難さ問題」についてですが、これは個人的にはどのメーカーもほとんど差はないように感じています。

私は個人的には現時点で、マウスコンピューター、Mac、Dellと3つのメーカーのパソコンを併用しているよう状況なのですが、どこの電話サポートも繋がり難さという点では特に大差はありません。強いて言えば、平日と休日の差が大きいので、なるべく平日に電話した方が繋がり易いということが言えるぐらいかと思います。

また、マウスコンピューターは、Web上での情報量が非常に豊富であるというのも特徴かと思います。

これは実は”諸刃の剣”で、情報量が多すぎて「よく解らないな。」という状況を引き起こしてしまう危険性もはらんでいます。

Macのように、Webサイトにおいても、そのデザイン性を重視し、シンプルでインパクトのある主張をメインとした構成のサイトであれば、良くも悪くも”簡潔に必要事項をくみ取れる”わけですが、私の様に、自分で色々と下調べをして比較し、徹底的に違いを洗い出していくタイプであれば、Web上にあらゆることが記載されているというのは非常にありがたいことです。

一方で、そうではなくそもそもパソコンについて詳しいことはよく解らないという人であれば、先程も指摘した通り、まずは電話してみるということをおすすめします。

そして最後の良い所として、みんな大好き「日本企業」ということについてですが、私達日本人は、やはりこういった電化製品については特に、日本企業のものというだけで得も言われぬ安心感を抱いてしまう傾向にありますよね。

安心してください。

マウスコンピューターも、日本企業です。

先ほどからご紹介してきているように、Webサイト上の情報が充実していたり、場合によってはセミオーダーも可能な豊富な製品群が用意されていたり、さらにはどうしようもなければ電話サポートでしっかり対応してくれるというように、”痒い所に手が届く”的なサービスというのは、やはり日本企業ならではではないかと思います。

そうした全方位型のサポート体制というのも、初心者にとっては特に安心感がある部分ではないかと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューターの良くない所

そんな非常に満足度の高いマウスコンピューターですが、”良くない”と感じる点についてもお話しておきましょう。

不満点を挙げるとすれば、

  1. デザインがモッサい
  2. 大手メーカーに比べて漠然とした不安感がある

マウスコンピューターを購入するに際して、唯一にして最大のマイナスポイントを挙げるとするならば、それは製品の”デザイン性の低さ”ではないかと思います。

おそらく会社的にも、このデザインの部分についてはあまり力を入れていないのではないかと思いますが、はっきりいってオサレなデザインは望めません。

したがって、パソコンを買ったあかつきには、カフェに行ってデザイナー風のオーラを醸し出しつつラテを飲みながらドヤ顔で画面を見つめる、なんてことはできません。

これがしたいなら、やはり”Mac一択”と言わざるを得ないでしょう。(予算が合えばですが。)

ただし、会社や学校の都合など、様々な事情でとにかくWindowsPCを一台確保しなければならなくなったために、余計なコストはかけたくないけれどPCを買わなくてはいけないといった人や、PCでやらなければならないタスクはある程度決まっていて、それこそ自宅で作業をすることがほとんど(デザインなんてどうでも良い)という方であれば、やはりコスパ重視でマウスコンピューターという選択肢は間違っていないのではないかと思います。

そしてさらに、マウスコンピューターには、「漠然とした不安感」があります。。いや、ありました。

これはあくまで私の場合、私個人としての意見ですが、やはり「長いモノには巻かれろ」的発想で、ネームバリューのあるパソコンメーカーにしておくべきではないかと、私自身パソコン選びの最中も何度後ろ髪を引かれたことか。

ただ、今になって思えばそうした心配は杞憂でした。

「マウスコンピューターの良い所」で散々お話した通り、何も心配することなどなかったのです。

サポートがしっかりしていて、特段故障することもなく、平常運転で使用できている以上、それ以上に求めるものは何もありません。

私の場合は数台のパソコンを使い分けていますので、それぞれのシチュエーションにおいて最適なパソコンを使用するという環境にいるわけですが、マウスコンピューターに求める役割はしっかりと果たしてくれていますので、使用していく上での不安といったものも特にありません。

前述のように、日本人の性として、日本製の製品に対しては絶大なる安心感を抱いているものの、「(当初は)聞いたことないメーカーだし、本当に大丈夫かな。」という感覚が消えることはありませんでしたが、結果的にそういった不安要素の元となる購入後のサポート体制なども十分に用意されていますので、その点においては初心者でも安心感が大木のではないかと今では思っています。

マウスコンピューター/G-Tune

まとめ

以上、ダラダラとマウスコンピューターについて、私個人の思う所についてお話をしてきましたが、結局のところ、早い話が私がマウスコンピューターを選んだ最大の理由というのは、「コスパが良かった。」からです。

性能的にも十分満足できて、価格も他メーカーより安く、アフターフォローもしっかりしていれば、そりゃ「これにしよう!」ということになりますよね。

それだけのことです。

マウスコンピューター/G-Tune

もちろん、あなたが「もっと有名どころの大手メーカーが良い!」とか、「どうしても外から見たオサレ感(デザイン性の高さ)は譲れない。」というタイプであれば、それでもマウスを選べと言うつもりは毛頭ありません。有名メーカーやデザイン性の高い製品を是非選んでいただければと思います。

ただ、特段こだわりはなく、パソコンとしての機能をしっかりと果してくれさえすれば十分で、できれば安く手に入れたいという方には是非マウスコンピューターという選択肢も検討してもらえればと思います。

それでは、この記事があなたのパソコン選び、そしてマウスコンピューター見極めのお役に立てれば幸いです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【eede.tv】には、面白い記事がたくさん!気になる記事カテゴリーは、コチラから!

[Sponsored]


[Sponsored]

-PC-Mac

Copyright© eede.tv , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.